ホーニング加工等を施す特殊機械|原材料を加工し製品化

メンズ

ホーニング加工について

工場

多くの工業用品において、パイプ等の金属筒状部品は様々な場面で使用されています。特に機械工業等においては必須といってもいい部品となっているでしょう。そういった部品の生産を外部発注する企業も多く存在しますが、自社でそういった部品の生産まで行ないたいといった企業も中には存在するでしょう。自社で部品の生産を行ないたい場合にはどういった特殊機械を導入する必要があるのかを知ることが大切です。
精密に金属を筒状加工するために必要は特殊機械はホーニング盤と呼ばれるもので、回転・往復運動を利用して加工を施します。ホーニング盤は研ぎ上げ盤とも呼ばれ、加工したい金属をホーニング盤に設置した後、棒状の砥石をホーニングヘッドと呼ばれる専用の工具に取り付け、円周上に設置します。そして、この設置した棒状の砥石に回転と往復運動を加えつつ、加工を施す金属に均等に押し当てることで金属を筒状に削り出していきます。この加工はホーニング加工と呼ばれ、ホーン加工と呼ばれることもあります。加工の応用用途してはエンジンのシリンダーボア及びクランク穴、内径仕上げ等の加工例が代表的です。また、ホーニング加工を施す前に必要となる加工として面取りやネジ切り、ボーリングといった加工を金属に施したい場合には旋盤加工機を使用します。また、ホーニング加工後の部品にキー溝やエグリ、フランジタップ等の加工を施したい場合にはマシニングセンタと呼ばれる特殊機械を使用することでそれらの加工が可能になります。こういった特殊機械を導入することで事業内容の幅を広げていくことも可能になるでしょう。

期待の光触媒

後ろ姿の作業員

酸化チタンによる光触媒は世界で唯一実用化された技術で、その使用用途は幅広いものとなっています。この光触媒には高い浄化効果が備わっており、建築物の美的保存や環境保全において大きな役割を果たすでしょう。

詳細へ

食品業界と保冷剤

クーラーパック

保冷材というのは様々な場面で目にすることのできる製品で、食品産業での主な使用用途は食品の鮮度保存となっています。より高性能な保冷剤の導入により、食品産業の鮮度保存はより高品質なものとなるでしょう。

詳細へ

ウェットブラストについて

工場

ホーニング加工にも種類があり、中でも液体ホーニング加工と呼ばれるウェットブラストでは従来のホーニング加工とは違ったメリットを得ることができます。ウェットブラストについて知り、その用途から企業への導入について検討してみましょう。

詳細へ